丸の内インフラストラクチャー株式会社は、三菱商事株式会社の100%連結子会社として、機関投資家様向けにインフラストラクチャーファンドの組成・運用事業を行うことを目的として2017年に設立されました。

日本では、高度経済成長期に建設されたインフラストラクチャーの更新時期を迎えており、また、規制緩和・電源構成の見直しに伴い、再生可能エネルギーをはじめとする新たなインフラストラクチャーの建設も全国で進んでおります。これらの整備には巨額の資金ニーズが存在するものの、国内金融市場の投資性資金をこれらインフラストラクチャーに還流する機会・仕組みは限定的です。

海外では、インフラストラクチャーに投資をするファンドは数多く存在しており、国や自治体に代わって、民間資本がインフラストラクチャーを整備・運営する動きが活発化してきております。日本でも、少子高齢化が進み、国・自治体の財政がひっ迫してくる状況下、民間資金によるインフラストラクチャーの整備が不可欠となる時代が到来することが予想されます。

三菱商事グループでは、これまでに海外のインフラ事業、またインフラ事業を投資対象としたファンドに投資を実行、人材を派遣し、業界ネットワークの拡充、インフラストラクチャーの運営知見、インフラファンドの運用知見を蓄積して参りました。私自身も、海外のインフラファンド運用会社に6年超在籍し、インフラファンドの運営やインフラストラクチャー事業への付加価値付けに携わって参りました。

当社では、業界に幅広い接点を有する三菱商事の100%連結子会社として、また日本初の総合型インフラファンド運用会社として、インフラ事業者・投資家の皆様の信頼に応えられる事業運営を行って参る所存です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 奈尾 真一

奈尾社長